現在のページロケーション: フォーク | 32 mm | F-SERIES | FR

F120R/F100R/F80R

ショックの取り付け方法  |  各走行前のチェック  |  サグの設定  |  リバウンド調節  |  サービスの間隔  |  重要な安全についての情報


F120重量

F100重量

F80 重量

3.37 lbs/1.53 kg

3.24 lbs/1.47 kg

3.24 lbs/1.47 kg

F120トラベル量

F100トラベル量

F80トラベル量

4.7 inches / 120 mm

3.9 inches / 100 mm

3.1 inches / 80 mm

特徴/調節

エアスプリング プレッシャー、リバウンド

スプリング/ダンパー タイプ

エア/オープンバス

推奨使用方法

クロスカントリー

カラー

ホワイトゴールド

注意!  Fシリーズフォークについては、トラベルスペーサーを取り除いたり、トラベル量を増やしたりすることはお止めください。 フォークにダメージを与えたり、深刻なケガにつながる可能性があります。

フォークの取り付け

次のステップに進む前に、フォークが正しく取り付けられていることを、必ず確認してください。上のリンクをクリックすると、解説ページにジャンプします。お手持ちのフォークが自転車にプリインストールされていた場合は、リバウンド調整の項へお進みください。

各走行前のチェック

  1. クイックリリース レバーが正しく調節され、しっかり固定されているかチェックしてください。

  2. 石鹸と水でフォークの外側を洗浄し、柔らかな布で水分を拭き取ります。シール / アッパーチューブの接合部には直接、水を吹きかけないでください。ショックには、高圧洗浄機を使用しないでください。

  3. 損傷がないかどうか、フォークの外側全体を検査します。外側の部品に破損がある場合には、フォークを使用しないでください。この他の検査、修理に関してはお近くのディーラーあるいはFOX Racing Shoxまでご連絡ください。

  4. ヘッドセット調節をチェックしてください。もし緩んでいる場合には、メーカーの推奨するトルク値に従ってヘッドセットを調節します。

  5. ブレーキケーブルあるいはホースが正しく固定されているかどうかチェックします。

  6. 平らな場所で前輪と後輪のブレーキが正しく作動するかどうかチェックします。

サグ設定

お買い上げのフォークの性能を最大限に引き出すには、サグを設定して調節する必要があります。一般に、フォークのトラベル総量の15-25%にサグを設定します。

  1. 左フォークレッグ上部にある中央の青いエアキャップを外し(下図参照)、シュレーダーバルブが出るようにします。  

  2. FOX Racing Shox高圧ポンプをシュレーダーバルブに付けます。

  3. 下記のエア スプリング設定表を参照し、フォークが正しい設定になるようにで注入します。終了したら、ポンプを取り外します。  

  4. アッパーチューブに少し摩擦が生じるぐらいにジップタイを取り付け、フォークシールに接触するまで下方に押します。

  5. 注意して自転車に乗り、通常の乗車ポジションを取ります。フォークがかすかに圧縮するはずです。

  6. それ以上フォークを圧縮しないように注意し、自転車から降ります。シールとジップタイの距離を測ります。これがお客様のサグです。

  7. サグ測定値を下記のサグ設定表と照らし合わせます。

    サグ値が表の値より低い場合は、
    ポンプのフィッティングを締め、現在の空気圧設定を書き留め、黒いブリードバルブを押してゲージ圧を5 psi下げます。必要であれば、再度サグを測り、調節します。

    サグ値が表の値より高い場合は、
    ポンプのフィッティングを締め、現在の空気圧設定を書き留め、ポンプしてゲージ圧を5 psi上げます。必要であれば、再度サグを測り、調節します。

  8. 青いエアキャップを再び締めてから乗車します。


    エアスプリング設定ガイドライン

    乗り手の体重

    空気圧

    56.6 kg未満

    45 psi (3,10 bar)

    56.6 – 61.2 kg

    50 psi (3,45 bar)

    61.2 – 65.6 kg

    55 psi (3,79 bar)

    65.6 – 70.2 kg

    65 psi (4,48 bar)

    70.2 – 77.0 kg

    75 psi (5,17 bar)

    77.0 – 83.8 kg

    85 psi (5,86 bar)

    83.8 – 90.6 kg

    95 psi (6,55 bar)

    90.6 – 97.6 kg

    105 psi (7,24 bar)

    97.6 – 104.2 kg

    115 psi (7,93 bar)

    104.2 – 113 kg

    125 psi (8,62 bar)


    サグの設定

    トラベル量

    XC / Race FIRM

    プラッシュ

    3 1/8インチ (80 mm)

    1/2インチ (12 mm)

    3/4インチ (20 mm)

    4インチ (100 mm)

    5/8インチ (15 mm)

    1インチ (25 mm)

    4.7インチ (120 mm) 3/4インチ (18 mm) 1 1/4インチ (30 mm)

    サグのトラブルシューティング

    兆候

    処置

    サグが大き過ぎる状態

    5psi単位の(+) 空気圧

    サグが小さ過ぎる状態

    5psi単位の(-) 空気圧

    ボトミングが大き過ぎる状態

    5psi単位の(+) 空気圧

    固い乗心地、フルトラベルが有効に使われていない

    5psi単位の(-) 空気圧

リバウンド調節

リバウンドノブ (下図参照) は、右側のフォークレッグ上部にあり、12段階のクリック調整が可能です。リバウンドによって、圧縮後のフォークの伸張速度が制御されます。ノブを右方向に回すとリバウンドが遅くなり、ノブを左方向に回すとリバウンドが早くなります。走行開始時にはリバウンド調節ノブを右回りに止まるまで完全に回した(フルイン)後、左回り(アウト)に6クリック回します。


ノブの設定
(フルインからアウトへクリック)

設定の説明

チューニングのヒント

設定のヒント

1

遅いリバウンド

遅すぎると、フォークが沈み込み、固い乗心地となります。

スプリングレート または空気圧を増加する時には、リバウンドを遅くする必要があります。

6

(工場出荷時の設定)

平均的なリバウンド

 

12

速いリバウンド

速すぎると、トラクションが少なく、ホッピングが起きます。

スプリングレートまたは空気圧を減少する時には、リバウンドの設定を速める必要があります。


WHEREVER YOU RIDE. WHEREVER YOU RIDE.

サスペンションチューニングのヒント | ブッシング テクノロジーおよび検査 | シールおよびフォーム リング | ノブの方向 | オイル量 | 構造検査 | ドロップアウトの厚さの検査 | トルク値 | 単位の変換 | ポンプの使用 | 安全に関する重要な情報 | サービスの間隔 | FOXへのお問い合わせ | 保証に関する情報